オフィスホワイトニングとは?効果とメリット・デメリット

ホワイトニングの選択肢って実は多いですよね(^ ^)
  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • セルフホワイトニング
  • ポリリン酸ホワイトニング
  • ホワイトニングテープ
  • ホワイトニング歯磨き粉
  • ホワイトニングジェル
  • ホワイトニングマウスウォッシュ

これら、それぞれの方法や、メリット(自分にあった方法など)は、私もホワイトニングを始めてから2年間くらいはわからないままでした。 こちらでは、その中でもオフィスホワイトニングの特徴や、メリット・デメリットについてお話ししてきたいと思います。

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングは、俗に審美歯科と呼ばれるホワイトニングや矯正・インプラントなどの歯の美容を専門とした歯科で行います。 その方法は、「過酸化水素」を使用したホワイトニングで、高濃度の過酸化水素は専門の資格がないと、取り扱うことができません。 そのため、専門医に相談する必要があります。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

漂白作用の強い薬剤で、ホワイトニングするため、『短期間』で『確実に白くする』ことができます。 その他のメリットは以下の通りです。

  • 短期間で白くなる
  • 効果が実証されているので必ず白くなる
  • 専門医に施術してもらうので安心
  • 通院するのでサボらない

デメリット

これに対して、デメリットは…
  • ホワイトニングの手段としては最も高価(5〜10万円)
  • 個人差があるが、痛みが出やすい
  • 施術後は食事制限がある(着色の強い物が食べられない)

こんな方に向いています

  • とにかく確実に白くしたい!
  • 芸能人のような歯にしたい!
  • 結婚式などの決まった期日までに白くしたい!

実際の施術

①カウンセリングを受ける

問診と、口内チェックをします。

検査

リテーナー(矯正中)や、義歯がある方は、場合によっては施術できないこともあります。

また虫歯などがある場合も、治療をしてからホワイトニングに取り掛かります。

②開口器具の装着

Optragate

唇が歯に当たらないために、開口器具を装着していきます。

③歯のクリーニング

Pmtc 00

専用の歯磨き粉と器具を使って、歯磨きをしていきます。

余計な汚れがなくなることで、ホワイトニング薬剤がスムーズに浸透するようにします。

④歯茎を保護

125523881315216318018_09040847.jpg

オフィスホワイトニングの薬剤は、強めの過酸化水素ですので、歯茎に直接当たると良くありませんから、しっかりと保護していきます。

⑤薬剤を塗布

いよいよ、薬剤(過酸化水素)を歯に塗布していきます。

どんな配合の薬剤を使用するか?は、施術を受ける医院によって違います。

⑥ライトを照射

led2

薬剤の漂白効果を促進させるために10〜15分ほど照射していきます。

医院が導入している器具によって、“どんなライトを照射するか?”は違います。

一般的に多いのは、LED照射です。

最近は、プラズマライトを使用する医院も増えてきました。

⑦薬剤を落とす

照射が終わった後に、一度綺麗に薬剤を落とします。

⑧(⑤⑥⑦)を3〜4回繰り返す

こちらも医院によって、1セット何回やるか?はまちまちですが、しっかりと使用器具に沿った効果のある施術をしてくれます。

ここまでが1セット。

一度の施術の所要時間は、だいたい50分〜1時間くらい。

やっぱり専門のお医者さんが行ってくれるというのは、大きな安心材料ですね。

オフィスホワイトニングの期間

こちらに書いた施術が1回として、料金は1回毎にかかります。

その効果は、ホワイトニング方法の中ではダントツですので、1回の施術でしっかりと効果は出ますが、やっぱり定期的に行いたいものです。

気になるオフィスホワイトニングの費用

一回にかかる費用も、医院によって差があります。

それは、その医院が使用している機材や薬剤が違うから。というのが大きな理由です。

だいたいの相場は一回3〜5万円くらい。

最近は、ホワイトニング専門として、「ホワイトニングのみしかやらない=代わりに安価」という医院も出てきていますので、お近くの医院をインターネットなどで検索してみるのもいいかもしれません(^ ^)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ホワイトニングの選び方教えます!オフィス・ホーム・セルフ・自宅・ポリリン酸